So-net無料ブログ作成

今日の出来事 最終社会保障は親子? [アーリーリタイア]

こんばんは

今日は暑かったです。

昨日の晩は急に寒くなったのですが、またぶり返しという感じです。
雨は降らず。

今日も家の網戸を1つ張り替えました。

これうまく張るのが難しくてどうしてもたるんでしまったりします。

昔張った網戸はもう20年前ぐらいのがありますが青くて日に弱いみたいでボロボロになってるものもありますが、10年前ぐらいに張り替えたのはグレーでボロボロにはなってなくて、ゴムの抑え部分が外れてました。

ゴムを付け替えれば終わりですがついでなので張りなおしました。

2000万円足りない問題が拡大してきましたが、1人身の場合今でも65歳から年金は厚生年金満額納めても僕の給料では15万ぐらいしかならない計算でしたので足りないのは昔からなんじゃないかと思います。

家族持ちであれば相手の国民年金とかもあるので20万ぐらいにはなると思いますが、昔も1人の場合はずっと働いてたか、資産を切り崩してたんじゃないでしょうか。

急に資産形成が取り上げられてますが、今はリセッションが来る直前と言われていてやるならもう2,3年は様子見たほうがいいかもしれない時期というのが一般なんですよね。

含み損で叩きまくる未来も予想される微妙な時期ですね、、、

年金だけで暮らせないから保障しろというのは、昔から魔法があるわけでなく、資産運用はリスクを負うのでみんなが均等にリスクを負うのは仕方ないと思います。

資産運用している人から税金をもっと取ればいいというのもありましたが、無リスクでリスクを負って稼いでいる人から奪う形になってしまいます。

これってサラリーマン社会そのものですね、しんどい仕事してる人が損、楽な椅子を取れば勝ち、日本はサラリーマン社会なのでこういう考えが浸透してるんでしょうね。

昔からある社会保障は家族が基本ですね、親が子、子が親の面倒を最終的に見る。

親族兄弟もありですね。

僕も今は実家ですが最後は僕が親や家の面倒を見ます。

家族制度が基本だった昔子だくさんだった理由もここら辺にあったのかもしれません。

魔法もなく、なんらかの負債を引き受けないといけない図式はあんまり変わってない気がします。

どんな事なら自分で引き受けられるかを考えたほうが早い気がします。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感